ホーム > 株式投資 > コンビニのごとく

コンビニのごとく

「スプレッド」とはFXは二国間の通貨を売買の注文をして差益を上げる投資です。

 

値は二十四時間動いています。

 

これが為替です。

 

テレビを見ていると、為替の情報が流れることがあります。

 

例としてあげると、「現在のマーケットは1ドル=80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

 

それは80円50銭から80円52銭の間でトレードされているという事を意味するのではなく、ドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭ということを表示しています。

 

つまり、売買には買いと売りの価格が存在するのです。

 

売値、買値の事を別の言い方で表示しているFX会社もあったりします。

 

普通は売値の方が買値よりも低い値段に決定されています。

 

自分が買うときには高く、売るときには安くなるのが一般的です。

 

この差をスプレッドといいFX取引会社の収益の1つになっています。

 

スプレッド幅は会社によって変わります。

 

スプレッドの広さは投資家にとって費用になるので低い業者を選んだほうが有益です。

 

ただ、同じ業者でも局面によってはスプレッドの広さは変わります。

 

もしもドルと円の組合せでたった1銭のスプレッドの広さとは言っても、市場の変化がとても大きいケースでは3銭、4銭になったりする場面があります。

 

ですから、スプレッド幅が狭いのと同様に、変わらないということが重要です。

 

近頃では固定したスプレッドの広さを示す取引会社もたくさんあります。

 

実際に取引会社の売り買い画面の中でリアルな市場を見て確認しなければ区別できないのでやっかいですが、とても重要なことです。

 

大切な資金を預けてエントリーするわけですから、本当の取引の前に、関心があるFX業者の口座開設を全てして、表示されているスプレッドの狭さを実感しましょう。

 

同じ通貨でも、その場面での為替相場の条件によって、外貨のスプレッド幅は異なる場合があります。

 

いつもはインターバンク相場で取引量の多くて、流動性の高い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドの広さが小さく別のペアではスプレッドの差が拡大する事が多いです。

 


関連記事

  1. コンビニのごとく

    「スプレッド」とはFXは二国間の通貨を売買の注文をして差益を上げる投資です。 &...

  2. テスト

    テスト記事です。...